競技にかたよらない囲碁の力、構造を究明して世に示そうと2014年4月に発足した全国組織です。「囲碁は豊かな人生のサプリメント」と説く菊池康郎理事長の呼びかけに、囲碁を生業とする人たちや囲碁ファンが全国から集いました。

略歴)

2014.4東京都囲碁同業組合を前身に一般社団法人全日本囲碁協会(全碁協)発足
.7第1回正会員総会
2015.2全碁協設立記念大会 参加200名
.4「囲碁を小中学校の正科に」 署名運動開始
2016.6馳文科大臣に面会「署名運動のプレ説明」
2016.1211万6千名の署名、陳情書を松野文科大事に手渡す
2017.6囲碁文化振興議員連盟 総会に文科省と全碁協が招かれる
2018.2菊ちゃんまつり 菊池康郎理事長の米寿のお祝い 200名参加
毎年ロッテ杯こども囲碁教室団体戦(コロナ禍で休止あり)
毎年様々な世代が一緒に楽しめるトリプル碁大会(コロナ禍で休止あり)
2022.4新体制発足 →過去のHP
動画撮影・編集協力:日曜の碁ろりんラジオ
 
【代表理事】
平岡聡(ひらおかさとし)
東京都在住 会社員
’94年 ’06年 世界アマ優勝
趣味 囲碁、競馬
座右の銘「笑う門には福来たる」

菊池先生の後を継ぎ理事長に就任した平岡です。菊池先生が良く言っていた「楽しくやりましょう」の精神を引き継ぎ、皆で楽しみながら囲碁界を盛り上げていければと思います。宜しくお願いします。
 
【理事】
川村麻紗子(かわむらまさこ)
子供に「ロッテ杯こども囲碁教室団体戦」女性に「勝負美人杯」高段者と級位者を結ぶ「トリプル碁大会」を企画主宰する。
立ち上げて20年になる小学校囲碁教室では「囲碁はその人の一生の 友」と伝え、20数回訪れたヨーロッパGOコングレスでは、上手も下手も一緒に愉しむ姿に感 動しトリプル碁を企画しました。
さて全碁協では何が出来るかナ。
【理事】
根本明(ねもとあきら)
顔が見える囲碁サイト『石音』席亭
著書「目のつけどころはシニアに学べ」
(平成出版2015/11)

囲碁ファンが囲碁ファンを生み、育てていく好循環をつくっていきます。
2021/10からYoutube『石音チャンネル』で、「囲碁教え方」、「置碁白の打ち方(天空流)」を配信しています。
【理事】
平山阿有未(ひらやまあゆみ)
横浜駅前・宇宙棋院 店長
「囲碁・igo・ 」が再び脚光を浴びる日を夢見る席亭でーす!
同じ場所で、落語も開催中
【理事】
政光順二(まさみつじゅんじ)
オンライン対局「囲碁きっず2」運営
2014年第32回 囲碁ジャーナリストクラブ賞受賞

20年間オンラインコミュニティ・小碁盤のテーマに取り組んできました。
囲碁界内外の仲間と共に何か新しく魅力的なものを作り出していければと考え ています。
よろしくお願いいたします。
【理事】
村上深(むらかみふかし)
囲碁ライター/インストラクター
’17囲碁世界アマ日本代表
’20ネット棋聖

囲碁が日常に溶け込むように在る世界を想像しています。
どんなことでも、囲碁は結びついて唯一無二の存在感を示せると信じて、よりワクワクできる取り組みを探していきたいと思います。